TOP 診療案内 院長紹介 お問い合わせ 料金表 学会活動
クリス ウェスト社長と

 昨年、沖縄にもいらっしゃったCutera社、Chris West社長と先日東京でお会いしました。
過去に彼は当院を訪れた後に沖縄の割烹やまかわで一杯飲んだようですが・・・その時、私は同席していませんでした。
 次回に一杯と約束しましたが東京でもそれは叶わなかったが・・・その為、飲み仲間としては次々回の約束となっています。
 キュテラ社は当院が扱っているニキビ跡の治療レーザー、パールのメーカーさんなのです。
今回の写真は私の方が横浜の学会へ出掛けた折のツーショットスナップです。

平成20年12月2日 當山 護

写真 写真 写真


沢岻小学校の小さなお友達職場体験に!

 平成20年11月11日(火)沢岻小学校6年生
波照間結衣さんと大城杏奈さんが午前中当院にいらっしゃいました。
学校から見学にと云ういわゆる職場訪問です。
 かわいいお二人は小さな記録ノートをご持参で熱心に当院の手術を見学しました。
ちょっと心細い限り(病院側も小学生の見学は始めての事であり、対応に関して不馴れでした)ではありましたが、何とか熱心に取材を終了しました。
 お二人は将来、お医者さんになりたいと云う夢をお持ちのようでしたが・・・これからの可愛いお二人は如何相成りますでしょうか?
 病院の外ではお母さんが心配そうにしておりましたが、午前中の3時間余りしっかりメモ書きして病院の印象、患者さんの表情を読み取っておりました。
ご苦労様です。
 小さなお子様方、そしてご協力いただいた患者様へ感謝申し上げます。
大変ありがとうご座居ました。

平成20年11月13日 當山 護

写真 写真


光貴さんの結婚式

 華やかで、楽しい宴でした。
彼女は高校卒業以来、10年余当院で働いてもらっております。
 働きながら看護学校も出ました。
この様に働きながら学校で学べると云うシステムは立派なやり方だと思いますし、努力家だから出来るとも云えます。
が然し最近はその様な事も出来なくなった社会になっております。
 いずれにしろ彼女は持って生まれた気の優しさと人を愛する心を持っておりますので、看護師さんにぴったりの女性です。
 その彼女が愛する彼を見つけました。
彼女を選んだ彼も先見の明があったと云う事になりましょう。
しばらく病院を休む事になりますが、彼女のお休みの間、我々は頑張らねばならないと思っております。
 彼女の式当日の写真を載せてみます。

平成20年11月6日 當山 護

写真 写真 写真

写真 写真 写真


アメリカからのお客様

 10月、アメリカ・ロサンゼルスからいらっしゃった小谷さん。
これ迄も遠路はるばる米国から当院に来られ、きれいになって帰っていきます。
 彼女の近くにはハリウッドなどもあり、多くの米国女性がかの地で美容外科医のアドバイスをお受けになっているのにです。
 記念写真に納まって下さる美容外科のお客様も珍しいですが、解放的なのが米国仕込みで、常に笑顔を絶やさない彼女でした。

平成20年10月30日 當山 護

写真 写真


プロペシアで有名な万有製薬

 おしゃれとはとても云いがたい男性(訪問して下さったのにいきなり御無礼な表現かとは思いますが・・・)が本日おみえになりました。
 万有製薬、毛生え薬で有名なプロペシア担当の方です。
新任の挨拶で久米田さん(左)と云います。
粕谷さん(右)が転勤となったようです。
顔より心のお二人の医療情報担当(いわゆるプロパー)の心根に惚れる真摯な方です。
 プロペシアに関しては絶対的な自信と情報網を持っておられるプロとも云えます。
その点ではおしゃれと云うよりステキな訪問者と云えましょう。

平成20年10月15日 當山 護

写真 写真


光貴さん夫婦来院

 10月中旬に光貴さんがご主人と産まれたばかりの赤ちゃんを連れて久しぶりに病院を訪れました。
まだ彼女は育児休暇中ですが、久しぶりに会ったらいつの間にか母親の貫禄を漂わせていたのには驚きました。
 このようにして日々女性の皆様方は成長していくのだろうと感じましたが、育児休暇が終わってさらに成長した看護師となって光貴さんが職場復帰して下さる事を一日も早くと祈っております。

平成20年10月15日 當山 護

写真 写真


高松亜子先生来沖

 当院の開業55周年目の記念行事として高松亜子先生を沖縄にお呼びした。
写真でご覧の如くとび切りの美女である。
そして何より明るく勉強熱心な女医さんである。
私共も始めての出会いであるが始めての気持ちがしなかった。
恐らく彼女の気やすく親しみのある性格によるものであろう事は容易に想像出来た。
 その彼女ビックリするなから日本で始めて性別適合手術(いわゆる性転換手術)をされた方である。間違えてはいけない!彼女が手術を受けたのではなく、彼女は手術をする方なのである。
男性から女性へ、女性から男性へと彼女の手術で変化させた方がこれ迄400人もいると云うから驚きである。
 実際、タイや米国などに行かずとも日本で立派に手術が公的に営まれているのであった。

平成20年9月1日 當山 護

写真写真写真


ドクターコスメで有名な林社長

 アドネクスト社、林啓二社長、川上克敏営業課長が平成20年6月24日(火)当院を訪れて下さいました。
アドネクスト社は世界のドクターコスメを製造しているメーカーとお取引をしている日本の代理店です。
有名なものはリビジョン社(米国)のティーマイン(目の下のクマとり)、ネクティーファーム(頚部のしわとりクリーム)など黒シリーズがあります。
 その他ベルギーのアグリダーム社のメラクリア(シミとり液)など、これから市場を凌駕するとも云われるものも扱っております。
そして、アドネクスト社は特定の選ばれた病医院にしか製品供給をしていないのも特徴です。
 日本で一番健全経営であり、女性の皆様方へ最大のお味方となる将来ともに楽しみな医薬品(ドクターコスメ)をお届けする会社とも云えます。

平成20年6月25日 當山 護

写真 写真


希さんの結婚式

 当院の手術場主任、希さんが結婚しました。
大恋愛であった事は結婚式当日の司会者の言葉から知る事が出来ましたが・・・それまで院長である私は全く知りませんでした。
 当然の事ながらプライベートな事など院長とはあまりお話しするものではありませんが、熱々な恋愛なら日頃のそぶりから少しはわかりそうなのに・・・であります。
 ぼんやりしている院長が悪いのでしょうが、然し結婚式当日の花嫁姿は一段と輝いていました。
(クリックして写真を見て下さいネ)
特に写真には花婿さんは登場させていません。
やっかみ部分が院長にあるからなのですが、実は花婿さんの名前は登美雄さんと云います。
「富をのぞむ」若いご夫婦とも云えますネ。
末永くお幸せに!お二人さん。

平成20年6月17日 當山 護

写真 写真 写真


まさちゃんは優等生

写真  ピカ一の看護学生、まさちゃんはほがらかで明るい女性。
懸命に勉強して仕事にも意欲満々です。
 4月から始まる看護学校の入学式では並みいる新入生を代表して挨拶するまさちゃんであった。仕事場では茶目っ気もいかんなく発揮する彼女。将来どのような看護師さんに育っていくのでしょうか?楽しみで~す。

平成20年3月10日 當山 護


新入生

写真  訪問者ではないが、4月になって当院にも新しい看護師さんが3人増えた。
正式には2人の新就職者とお一人の学生さんである。
 ピチピチの若手が入るとやはり職場は活気ずくものであるが・・・この3人共に入社早々風邪引き等々で寝込んでしまったのは残念である。
 然しものは考えようである。
今のうちに自分が患者となって病める方々の身の辛さを味わうのも社会人になってひとつの勉強かと考えた。
でも、職場としては猫の手も借りたい時期、早く治って一日でも早く戦力となってほしい・・・期待山積みなのである。

平成20年4月11日 當山 護


米国在の美しい女性現れる。

写真  カリフォルニアのシリコンバレーからわざわざ沖縄迄いらっしゃって下さった小林さん!
ご主人が内科の先生で、日々、診療のお手伝いをしており、長い間の外国生活、特に開業医の奥様として種々なる営業のお悩みを打ち明けて下さいました。
 米国では医療訴訟も多く、手術やレーザー施行するのにも何枚もの承諾書をお客様から頂かねばならず仕事の半分はその事についやされてしまう等々・・・のお悩みでしたが、日本に帰ってくると「ほっと」なさる時間をもつそうです。
 なんと美しい女性ではありませんか、それでももっともっと綺麗でありたいとご希望も述べておられたのが印象的でした。

平成20年3月10日 當山 護


儀部(旧性仲田)美和子さん表敬

写真  当院で看護学生の時より4年以上働いて下さった美和子さん(写真中央)がご主人を伴ってひょっこり当院を訪れて下さいました。
彼女を久しぶりにみました!
 お腹が大きくなってもうすぐママさんになる新米主婦ですが、幸福そうな笑顔をみせて下さいました。
ご主人も(後方向かって右)やさしそうなサラリーマンですので美和子さんの育ての親を自認している院長もホッと一息ついておりました。
 彼女は真面目で緊張屋の女性ですが、苦しい働きながら学んできた学生時代を乗り越えてやっと今幸せが来たと云う所なのですネ。
おめでとう美和子さん!

平成20年3月6日 當山 護


神田美容外科

写真  征矢野進一先生が訪問して下さいました
日韓形成外科学会が沖縄で開催された日(2月22日)神田美容外科 征矢野進一先生が当院を表敬訪問して下さいました。
彼は日本の注入物(フェラー)の第一人者であり、コラーゲン、ヒアルロン酸などの特性を充分把握しているお一人です。
彼の助言によってコラーゲンやヒアルロン酸市場が変化すると云うほどです。
 偶然にも同じ時間帯にウェルハート社(ヒアルロン酸レスティレインなどの代理店)の古川嬢やメディプラスオーダーズ事業部の吉野さんも訪れて下さり、数十分の時間帯でしたが、情報交換を致しました。

平成20年2月22日 當山 護