TOP 診療案内 院長紹介 お問い合わせ 料金表 学会活動
お二人の美女が・・・蘭のお花を持って訪れていただきました。

写真  「沖縄の女性をもっともっときれいにして下さいネ」と云うお言葉も添えていただきましたが、「蘭の花も美しいのですが、貴女様の方がもっと美しいではありませんか?」とお返事させていただきました。
 突然のご訪問に戸惑いはありましたが、重たいお荷物を届けて下さった事に本当に感謝致しております。
 これからも沖縄の女性の為に頑張ろう!そう思いました。

平成19年12月14日 當山 護


沖縄看護大学 山里春華さん自主的学習で当院に!

写真  11月初旬、突然、若くて美しい女性が目の前に現れました。
「山里春華さん」と云うお名前の方でした。
 沖縄看護大学を来春卒業予定の方ですが、美容外科に大変興味があって見学をしたいと云うお申し出を受けました。
 私共は、正直嬉しく思いました。やや医療関係者から日陰者のような科である美容外科、その特殊性ゆえに、興味はあってもなかなか足を入れる事をはばかる美容外科に、今回、積極的に参加して下さる申し込みには頭が下がる思いでした。
 そして4日間のお付き合いで、聡明な女性、礼儀正しいレディである事をチーム当山の職員全員が認めました。
 記念写真をお見せしておきます。
 ステキな彼女に完敗・乾杯です♪

平成19年11月7日 當山 護

写真 写真 写真


輝くレディース

 週刊ほーむぷらざから毎月私はインタビューをお受けしています。
毎回社会の第一線で働いておられるいわゆるキャリアウーマンの方々です。
 お会いするたびごとにその美しさにどぎまぎし、男心が浮き立つ女性の皆様方です。
今月(10月)はその中からほーむぷらざの華の中心、徳正美さんのインタビューを受けました。
私共では通常「トクさん」とお呼びさせていただいている女性ですが・・・
会話の最中、するどい御質問をいただきます。
「先生、もう少し勉強して沖縄の女性を皆様方美しくして下さいネ」
などと云われたりしますと、まだまだ勉強不足の部分も多いものですから心の中で小さく恥じ入っております。
それにしてもではありますが、ほーむぷらざの女性の皆様方はいずれが菖蒲(あやめ)か杜若(かきつばた)ばかりで美容外科医は不必要なのかな~?と思ったりしています。

平成19年10月3日 當山 護

写真 写真 写真


ある日のインタビュー

 ある日の事、大学生がインタビューに当院を訪れて下さいました。
沖縄大学、国際コミュニケーション学部の宮里涼子さんです。
 アンチエイジングについて興味があったようでその事をテーマに課題レポートをお書きしたいと云う事でした。
私のつたない説明にもそれなりに御満足して頂きました。
 出来上がったレポート課題をみてみたい思いにもかられましたが、それよりも将来の彼女の成長ぶりを陰ながらのぞき見したい気分の方が沢山ありました。
 きっと沖縄のみならず、世界のひのき舞台で活躍されるであろう今後の彼女に今から拍手を送ってみたいと思います。

平成19年9月中旬 當山 護

写真 写真 写真