TOP 診療案内 院長紹介 お問い合わせ 料金表 学会活動
新機種導入
平成21年11月27日(金)

写真 Asia Pacific Clinical & Marketing support Manager Ulthera,Inc Judy Chuang
 超音波による顔・頚部のしわとり機(ulthera)の講習会を施行しました。
昨今は手術しないでたるみをどう取るかがもてはやされているのですが、サーマクールやRFタイトニングから超音波によるたるみ取りとして新しい機能の登場です。
 一般公開は来年位になると思われますが・・・。

写真 写真 写真
写真 写真 写真


レーザー脱毛 新機種導入
平成21年11月20日(金)

写真  レーザー脱毛はアレキサンドライトレーザーからダイオードレーザーになり、その後RF内臓のレーザーと進歩してきており、当院はこれ迄この3台にて沖縄女性へレーザー脱毛を施行して参りました。
 今回、古い機種(アレキやダイオード)を廃棄処分にして最新式のジェントルマックスを購入しました。
本機種はアレキサンドライトとロングパレスヤグレーザーを併用しておりより早く脱毛出来、施術をお届けする事が出来ます。
合せて当機種はシミやソバカスの治療、赤あざにも応用出来ます。

写真 写真 写真
写真 写真

写真 写真


當山堅次 紺綬褒章受賞
平成21年7月15日(水)県庁 教育長応接室にて

これ迄数々の表彰を頂いた当山美容形成外科前院長が今度は紺綬褒章を天皇陛下から頂戴致しました。
父堅次に代わり息子護が県庁迄出向き記念品等を頂きました。
同賞は私財の一部を公的施設に寄付される事によって頂く有難い賞ですが、父堅次は岡本太郎の「コンポジション」、大城皓也の「ニシムイを望む」等々数点を県美術館に寄贈致しました。
 美術館の牧野館長、県教育委員会教育長の金武様からも謝辞頂戴しました。

写真 写真 写真 写真 写真


学校健診に出掛けました
平成21年6月10日~12日

 年1回当山美容形成外科は金城小学校の学童健診を引き受けております。
学童の健診は学校保健法(?)にのっとって行われる訳ですが、小・中学校と沢山の学校がありますので、医師会の皆様方で手分けして行います。
 金城小学校は那覇市でもマンモス校(生徒数は1000人以上)ですので6人の近隣医師によって行われました。
例年6月の3日間、午後に行われますが、その間診療所は休診します。
診療は貧血、耳鼻咽喉科的所見、聴叩診を中心に行いましたが、今回は扁桃腺肥大の方が数名おられただけでした。
係りの保健婦さんに「異常が少なく淋しいです」とお伝えしたら「それはあり難い事です」とごもっともなお返事を頂きました。
 将来を背負う子供達のご健康を祈っております。

写真 写真 写真


日本ロレアル・ラロッシュポゼ講習会
平成21年5月15日(金)午後6時

日本ロレアル・ラロッシュポゼの福田仁志さんによる講習会が当院でありました。
特に日焼け止めの説明(イデアXL、アンテリオス)が主体であり、沖縄の日光の強さや紫外線の特徴についてお話をお伺いしました。

  1. UVイデアXLはUVAの高い防御力、アレルギーを起しにくいと云う利点があり、日本人の肌に合せて開発された下地にも使用出来る乳液タイプです。
  2. アンテリオスXLは紫外線に敏感な肌、アウトドア用で高い防御力でしっかりと肌をプロテクトします。

日焼け止めの使用方法と日焼け止めの選び方
  • 日焼け止めは2~3時間毎に塗りましょう。
  • サンスクリーン剤を選ぶ時にはUVBを防ぐ効果を示すSPF値とUVAを防ぐ効果を示すPA部類を目安にして下さい。(講習内容の一部から)

写真 写真 写真

ラロッシュポゼの日焼け止め商品の紹介

写真 UV イデア XL 30g 3,570円(税込) 日焼け止め乳液 SPF50 PA+++

日常生活で浴びる紫外線から皮膚を守ります。
メギゾリルXL、SX配合でUVA、UVBを幅広くカバーします。皮膚を乾燥から守り水分を補います。軽い使用感で、べとつきません。
白く残らず、化粧下地としてもご使用頂けます。

使用方法
パール粒1個分を顔、首筋に伸ばして下さい。また必要に応じて耳や首、デコルテ部分にも伸ばしてお使い下さい。より効果的にご使用頂く為に、2~3時間毎に塗り直して下さい。


写真 アンテリオス XL 50g 3,780円 日焼け止めクリーム SPF50+ PA+++

紫外線の強い所へ行く方、または紫外線に敏感な方用。
メギゾリルXL、SX配合でUVA、UVBを幅広くカバーします。皮膚を乾燥から守り潤いを与えます。べとつかず、白く残りません。
子供から大人まで幅広くご使用頂けます。汗や水に強い、ウォーターレジスタント。
無着色、無香料です。

使用方法
適量を顔、首筋、体に伸ばして下さい。
より効果的にご使用頂く為に、2~3時間毎に塗り直して下さい。


エンビロン講習会 第2弾
平成21年4月8日(木)

 我々はエンビロン社、学術研究部、安念英莉子マネージャーをお招きして、看護師・エステティシャンによる2回目の個別の研修会を開催しました。
 ビタミンAの使い方、個々の肌の状態を観察した後、どの化粧品が良いかの判断、エンビロン化粧品の全体の説明を受けました。
これからは当院の患者さん、お客様にどのようにし治療をすすめるか?つまり沖縄の女性は本土の方とは明らかに違いますので肌が荒い沖縄女性への対応としてもう一歩進んだ治療をしていきます。
即ちマイルドなビタミンAでは効果が認めにくいのも事実なので、その上のノーマルナイトクリーム、或いはウルトラナイトクリームなどを使用します。
 その為、どの程度の強さのビタミンA(トレチノインなど)を使用していくかが課題となります。
その後、ビタミンC・Eとの併用など積極的に関わって参ります。

写真 写真 写真

写真

前列向かって右、森亮太郎氏、左は安念さん

エンビロン新商品のご紹介
C-クエンスは、高機能なスペシャルラインです。よりすこやかで滑らかな肌を求める方へ、肌のコンディションに応じて4段階をご用意しています。
C-クエンストーナー、C-クエンスクリームを組み合せる事で、ワンランク上のスキンケアを実現します。

写真 左から
・C-クエンス1 35ml 15,750円 (税込)
・C-クエンス2 35ml 16,800円 (税込)
・C-クエンス3 35ml 18,900円 (税込)
・C-クエンス4 35ml 21,000円 (税込)

ビタミンA配合レベル別に4段階ご用意し、さらっとした使用感の保湿ジェル。肌にハリと潤いを与え、すこやかに保ちます。

使用方法
朝・夜、トーニングの後に、適量を手に取り、顔全体になじませるようにのばします。肌に合せてステップアップします。
使用量の目安は2プッシュ程度です。


Pearl Fractional Test
平成21年2月3日(火)

写真 写真 写真

 我々はCUTERA社のパールフラクショナルを試術する機会を得ました。
 CUTERA社皆様方のご配慮に感謝申し上げます。
フラクショナルタイプは第3世代に入ったと云われ、メーカー各社が今年に入り新製品を打ち出している所です。
現在、先行しているのはルミナス社のアンコアではないかと云われておりますが、韓国製のeCO2も評判が良くなりつつあります。
 その辺を勘案してパールフラクショナルを試みさせて頂きました。
まだ4~5人の方をモニターとしており、すべての方が数日間経過観察中です。
どちらのメーカーのフラクショナルも1回ですべての効果を表すのは難しいので、これからの評価ですが、「パールフラクショナル」はEr:YSGGシステムと云う新しいレーザーでアフォームやフラクセルなどより水吸収係数が最も高いとされております。
レーザーの凝固機能に違いがあり、パールの方は凝固機能が低い為、照射後の色素沈着が少ないが、強く当てると出血を起こしかねないと云う点を持っております。
 この点の配慮が必要ですが、密度を濃くしたり、深く照射なども出来ますので臨床面での医師の腕の見せ所が生じるかも知れません。

写真 扱い方は私共ではサーマルピールパールを使用させて頂いておりますので吸煙装置などの利点を含めてやりやすい感じであると思っております。
 又、瘢痕、にきび痕、しわ治療など多様な適応があると云う事などで楽しみな機種とも云えます。
 ついでにジェネシスなども試させて頂きました。
これはロングパルスNd:YAGレーザーとしてはキュテラ社では№1の売れ行きであります。
但し数回施行しなければ効果がわかりませんので、モニター様のご意見を伺いながらと云う我々の立場です。

写真 写真 写真

写真
  写真    
ジェネシス照射前のちいちゃん
 
ジェネシスを照射されている当院職員モニター様
 
 


RADIESSE(レディエッセ)講習会参加
平成21年2月1日(日)

写真  博多で米国皮膚科医のAshish Bhatia MD, Jeffrey T.S Hsu MD御二人のお話しを聞く機会を得ました。
 当然、顔面への新しいFillers、材料、レディエッセに関するお話です。
レディエッセはすでに5年前FDAの承認を受けている注入剤です。
そして数多くの症例をこなし、PRS(世界が認める形成外科の権威ある専門誌)などにも症例報告が載っており、ヒアルロン酸より長持ちする注入剤として日本でも知られつつあるものです。
 当院でも昨年末より使用してその有用性はわかっておりましたが、技術的な部分、リスク発生の頻度、どこに打つと有効か?或いは打ってはいけない部位など詳細な点を知りたくてお話をお伺いしました。
当方からきたんもなく質問させていただき、にきび跡に打つ為のコツや入れすぎた時どうするか?など質問させて頂きました。
写真  メーカーである Bio Form 社の Aaron Kim アジア担当ディレクターもおりましたのでFDA認可に関する事、又、日本代理店キュテラ社 クリス社長の手背に打ったレディエッセの効果なども拝見させて頂きました。
 日本では終戦直後、色々なフィラーが出回り苦い経験がありましたので特に長持ちする事に対するリスクを教えて頂きました。
 その辺を踏まえてみますと本年4月の日本形成外科総会のランチョンセミナーに対してはある一定の理解を多くの医師から頂けるのではないかと期待出来そうでした。
 注入部位は鼻唇溝(法令線)、マリオネットライン(口角の下)、アゴのライン、頬骨部を突出させる時などに有効で、細かい皺は従来通りヒアルロン酸やコラーゲンが良いかと考えました。

写真 写真 写真 写真 写真

クリス社長の手背
・右手背 レディエッセ注入
・左手背 注入なし


QスイッチYAG Laser 「MedLite C6」 テスト
平成21年1月中旬~2月中旬

写真  当院にてHOYA Con Bio 社製 Qスイッチ Nd YAG Laser 「MedLite C6」 を試験運用させて頂きました。
 波長:1064nm・532nm、スポット経:2・3・4・6・8mm、パルス幅:5~20Nsec、照射速度:10Hz(MAX)
 最近のレーザー機具はおしなべてコンパクトになっており、使い易さがあります。
当院の10数年前よりある Nd YAG と内容は同じですが、半分位の大きさになり、機械の移動が容易なのは魅力的です。
又、これ迄の経験から推測して壊れにくく長持ちするのが脱毛レーザーなどとは違う大きな利点かも知れません。
 Nd YAGレーザーは老斑なども良く取れますが、照射後やや軽い出血痕が生じます。
然し、痛みも少ないので塗り薬の麻酔、氷で冷やした後、照射可能ですぐお化粧も出来ます。
当然の事ですが、老斑治療後には炎症性色素沈着を起こしますので、その点の注意事項を患者さんにお伝えする事は大切です。
写真  もうひとつの大きな特徴は肝斑治療に有効と云う事でした。
我々はこれ迄、トラネキサム酸内服や場合によってはフォトフェイシャルなどを利用して肝斑治療を続けておりましたが、「MedLite C6」 によるレーザートーニング(LT)によって肝斑治療が出来ると云う事でした。
湘南鎌倉総合病院 形成外科 山下理絵部長の肝斑治療前後の写真を載せておきます。
このレーザーで良くなったのか?トラネキサム酸等で良くなったのかは、まだわかりにくい所はありますが、肝斑治療のひとつの手段に違いありません。

写真 写真 写真
写真 写真 写真


eCO2 と MOSAIC hp
平成21年1月下旬

写真  ルートロニック(Lutronic)ジャパン様来院
 CO2レーザーとフラクショナルレーザーを組合せたeCO2(エコー2)とモザイク hp レーザーを試射させて頂きました。
いずれも韓国製品のレーザーですから東洋人に合ったフラクショナルレーザーと云うのが売り文句です。
 eCO2はCO2レーザーとしても使用出来ますが、モードをかえる事によってフラクショナルレーザーとしても使用出来ると云うのがひとつの特徴でしょう。
但しダウンタイムがあり、少々照射後顔が赤くなります。
 一方、モザイク(MOSAIC)hp はeCO2に比しマイルドであり、ダウンタイムが少ない分、翌日からでもお化粧して仕事に行けると云うのが良いかも知れません。
 我々は1台800万と云う機械ですし、今回はモニターさんのモデルを使用しておりますが、患者さんから頂く料金はどの位が良いか?長期の効果はどうか?機械のメンテナンスはどうか?他種との比較がわからないなどの部分がまだ見えてきていない現況です。
 恐らくどちらの美容外科医院も昨今の不況やこれ迄購入したレーザー機械が購入した時より思ったほど利益をあげていない現況からして二の足を踏まれているのではないかと思いました。

写真 写真 写真


フラクショナルレーザー機
モザイク(MOSAIC hp)デモンストレーション

平成21年1月30日(金)

写真  ルートロニック社のフラクショナルレーザー「モザイク」を試みる機械を得ました。
「モザイク」は数年前、フラクショナル理論で世界に登場した始めてのレーザー機械ですが、今回、試みてわかったのは種々なオプションが付いていると云う事でした。
 即ち1つの機械で3種類の治療が可能となっています。
(① Normal mode 肌の改善、② Thermal mode 肌の引き締め、③ Hair mode 育毛効果)
初期の頃より内容が改善され、少しく時代の進歩があったと云う事ですが、お顔への照射回数も3回位当てて施行し、照射後はやや赤味のある状態でした。
やや細身の小野マネージャーさんの内容によると48時間は赤味などが続くダウンタイムがあると云う事なので、金曜日に治療して月曜日に何とか会社へは出掛ける事が出来ると云う状態かと思います。
側におられたやや太目の吉田さんはウンウンとうなずきました。
 この「モザイク」は前回、テストしたeCO2 フラクショナルより浅い層へのレーザー波及と考えられますので、数回の照射が必要ではないかと推測している所です。
 LUTRONIC社は韓国に本社があり、アメリカのJ.David Holcomd,MD が関わっておる会社です。
その為、特に日本に代理店を置かず直接販売ですので価格的には安いと云う事でしたが・・・。
 QスイッチYAGのデモンストレーションは後日やるかも知れません。

写真 写真 写真

写真 写真


エンビロン スキンケア講習会
平成21年1月29日(木)

東京からわざわざエンビロン講習の為、鈴木さんと森さんの御二人が当院におみえになられました。
そして楽しく、愉快に1時間余エンビロンのスキンケアシステムの勉強会をさせていただきました。
実は当院では10余年前よりエンビロン様とは取引をさせて頂き長いお付き合いの歴史があります。
 実際にはエンビロン製品を用いてビタミンCのイオン導入を続けており、その後、ビタミンAの超音波を加えたソノフォレーシスシステムなども順調に整い稼動し、多くのお客様に喜んで頂いている所です。
 エンビロンは南アフリカ共和国の形成外科医デスモンド・フェルナンデス医師が開発した化粧品ですが、光老化防止に対し内容が濃いものが多数ご座居ます。
 特にエンビロンのビタミンAシリーズなどはその誘導体であるパルミチン酸レチノールなどを利用しております。
 そしてビタミンA配合の濃度レベルで各種のホームケアシステムが選べるようになっております。
その為、最初は弱いデイクリームファーストから使用し最終的にはウルトラデイクリーム(酢酸レチノール)迄至りますが、色々な段階があり、沖縄の女性のダメージ肌の補修に適している訳です。
 南アフリカは赤道に近く紫外線による環境因子で老化が進みやすい地方ですので、正に沖縄と似かよった地域と云う訳です。
 又、スポーツ選手の愛用するラドローションなど日焼け止めクリームとして人気がありますが、ビタミン剤を生かした製品です。

写真 写真 写真
写真 写真

写真 昼用デイクリーム/左から
・デイクリーム ファースト 25ml 3,990円
・マイルド デイクリーム  50ml 7,350円
・ノーマル デイクリーム  50ml 7,350円
・ウルトラ デイクリーム  50ml 7,875円

生活紫外線から肌をやさしく守り、乾燥を防いでくれる保湿クリーム。
肌にハリとうるおいを与え、すこやかに保ちます。
※ビタミンA配合レベル別に4段階ご用意しています。

写真 夜用ナイトクリーム/左から
・マイルド ナイトクリーム  50ml 7,350円
・ノーマル ナイトクリーム  50ml 7,350円
・ウルトラ ナイトクリーム  50ml 7,875円

就寝中の肌を乾燥からしっかりと守る保湿クリーム。
ハリとうるおいを与えて、肌をすこやかに保ちます。
※ビタミンA配合レベル別に3段階ご用意しております。

写真 SUN CARE サンケア
・ラドローション  50ml 4,725円
 紫外線防止指数  SFP16 PA★★★

肌にやさしい日焼け止めクリーム。
紫外線をカットして、日焼けによるシミ・ソバカスを防ぎます。
肌質を問わず、全身にお使いいただけます。