開院65周年。沖縄県那覇市の当山美容形成外科。

当山美容形成外科

〒900-0015 沖縄県那覇市久茂地3丁目7−1
TEL:098-867-2093 FAX:098-869-1832
月曜〜土曜/9:00〜18:00 日祝祭日/休診
お問い合わせ

新しいお顔の肌質改善方法

当院の60周年を記念したレーザーフェイシャル

沖縄の女性は肌質が悪い?

 太陽の下で長い年月過ごしているとやむを得ない結果かも知れませんが…沖縄の女性にはイボやホクロが多い方がおられます。これ等の治療は少々回数はかかりますが、保険適応できれいに取れます。是非ご利用下さい。然し、それだけで実は満足していませんか?お化粧の仕方は現在どこにお住まいでも同じようにきれいに可能となっており、基本的には沖縄の女性の方が彫が深くて美しいゆえに都会の女性よりもっとステキになれる余地があります。然し、肌質の悪さがあります。長い間の紫外線の影響もあり、皮膚のダメージが多い沖縄の女性はその点で不利があるのでしょう。でも諦め過ぎてはおりませんか?東北の女性のように肌質がきれい、プチプチして白いお肌になりたくはありませんか?私達、形成会 当山美容形成外科はそれが可能だと考えています。医師・看護師・エステティシャンのチームワークで沖縄の皆様方の肌質改善に取り組んでいるのです。これ迄も内服薬(トラネキサム酸やビタミン剤)の処方、高濃度ビタミンCの点滴療法、マックストーニングなどの低出力レーザーや光治療(フォトフェイシャル・ライムライト)などをお届けしてきました。然し、次の治療はもっと強力に肌の悪い方へのお手伝いが出来るようになってきたのです。

レーザーフェイシャルと水光療法

 ひとつめは米国キャンデラ社の開発したVビームレーザーとジェントルマックスによるレーザーフェイシャル法を新しく取り入れた肌質の改善法です。この方法は皮下毛細血管網にターゲットを絞って赤あざ治療のレーザーを低い出力で軽く顔に照射する手技です。日焼けによってダメージを受けた表皮細胞の活性化を図りますので、必ず「おや?」と思えるほどの効果を出していきます。通常は3回位で良くなります。その上で第2弾として「水光療法」を加えるとさらにピカピカ肌になり、触った感じで肌の改善がすぐ分かります。この水光療法は韓国で数年前から流行し、最近日本にも上陸した療法です。

 内容はボトックスビスタ(米国アラガン社製)25単位とヒアルロン酸(リデンシティー)を加えて皮膚に表在性にメソ打ち(細かく数多く打つやり方)をします。ボトックスで顔を引き締め、ヒアルロン酸で潤いを出す目的なのです。(ボトックスを加えず、成長因子の場合もあります。)このレーザーフェイシャルと水光療法の併用は沖縄の女性の為に「形成会トウヤマ」が自身を持って送る60周年の記念事業のひとつであり、是非この機会にご利用賜りたくご案内をさせて頂きます。

レーザーフェイシャルⅠ
Vビームレーザーによる治療

肌のメラニンをターゲットにしてVビームを照射することで肌の若返り効果が期待できます。

  1. 頬の若返り・リジュヴィネーション
    1回¥20,000
  2. 目の周りの小じわ改善
    1回¥10,000
  3. 頬と目の周りを同時に治療
    1回¥25,000

おすすめ
頬と目の周りへのVビームと水光療法の併用療法

上記治療の1週間後に水光療法を追加することも可能です。

1回¥50,000 3回前払いの場合¥150,000
※月1回の治療を3回まで繰り返し可能

水光療法

  1. 浅いシワ 1回¥35,000
  2. 深いシワ 1回¥40,000

ヒアルロン酸とボトックスの混合物を皮下に注入する方法で、小じわの改善や 肌ツヤが良くなる効果が期待できます。この水光療法には種類があり、ヒアルロン酸単独、ボトックス単独療法もあります。

顔の肌質の改善はメラニン吸収曲線をターゲットにしてRejuvenation(若肌)効果が強くあります。

ご予約・ご相談は下記の連絡先まで

お気軽にお問い合わせください。

受付時間:月曜〜土曜/9:00〜18:00


 日祝祭日/休診
美容外科・形成外科(保険診療)

098-866-0178
098-867-2093
美容皮膚科・エステ

098-867-5351
↑PAGE TOP
診療項目:再生医療
診療項目:アートメイク
診療項目:イボ・ほくろ
診療項目:たるみ・シワ・輪郭
診療項目:目元
診療項目:目元以外のフェイス
診療項目:ニキビ・ニキビ痕
診療項目:毛穴・美肌・くすみ・赤ら顔
診療項目:しみ・そばかす・肝斑
診療項目:タトゥー
診療項目:バスト
診療項目:婦人科
診療項目:脱毛
診療項目:痩身
診療項目:薄毛治療
診療項目:下肢静脈瘤
診療項目:ワキガ・多汗
診療項目:点滴
診療項目:同意書
↑PAGE TOP